電話占いと占いジプシー

電話占いの口コミとかを見てると、『ジプシー』って言葉をよく見かけませんか?ジプシーになっちゃったとか、たくさんジプってるとか……。
わたしも電話占いを利用し始めたばかりの頃によく見かけては、どんな意味なんだろうって気になってました。中には「ジプシーは良くない!」とか「脱ジプシーを目指そう!」なんていうのもあったりして、ジプシーって良くないことなのかな…って一人で納得したりしてました。

でも電話占いを使っていくならちゃんと知っておかないといけないなって思ったんです。

そこで、ジプシーって?いいこと?悪いこと?ということについて調べてまとめてみました。

そもそもジプシーって?

ジプシーとはヨーロッパを中心に生活している移動型民族のことで、様々な地域や団体を渡り歩く者を比喩する言葉というのが大元の言葉だそうです。そしてそこから転じて占いの世界では『自分の望む結果を求めていろいろな占い師に占ってもらう人』を指す言葉になっています。
つまり、たくさんの占い師に占ってもらうことをジプシーって言うんですね。

占いジプシーはいけないこと?

そんなジプシーは良くない、やめるべきみたいなことも結構見かけますが、ジプシーはそんなにいけないことなのでしょうか?

占いジプシーは次から次へとたくさんの占いをしてもらう人のこと。言い換えれば「占い依存性」ということです。「もっと当たる占いをしてほしい」「もっと自分にあった結果が聞けるはず」そんな思いで次々に占いをしてもらって占い中心の生活になってしまった……という人も少なくないようです。

病院などでも「セカンドオピニオン」などと言うように、別の人の意見を聞くということは悪いことではありません。占いでもA先生の意見とB先生の意見を摺りあわせて良い方に解釈していくというのは悪くない使い方だと思います。しかし、その答えが気に入らないから、もっといいことを言ってほしいからという理由でたくさんの占いを利用するのはちょっと違うかなあと思いました。

それに、たくさん占いを使ってきた結果、占いなしでは決断できず、なんでも占い頼み、占い師の言いなりなんてこともあります。占いに依存したことで自分の意思をなくしてしまう……というのは怖い話です。

適度な利用を心がける

特に電話占いは電話一本で簡単に占いができちゃいます。支払いもクレジットカード払いにしていれば本当に家で電話するだけでいつでも何度でも占ってもらえます。手軽な電話占いは確かに便利で重宝しますが、その便利さが逆に仇となることもあるのかもしれません。依存しないように気をつけながら、上手に付き合っていくのが電話占いでは大切なのかもしれませんね。

当たる 電話占い